ビフィズス菌 BB536のチカラ

ビフィズス菌BB536って、何が違うの? 生きてとどまるヒトに棲む種類のビフィズス菌です

ヒトに棲む種類のビフィズス菌!

ビフィズス菌BB536は健康な乳児から発見された、ヒトに棲む種類のビフィズス菌です。 現在市販されている他のビフィズス菌製品には動物に棲む種類のビフィズス菌が使われていることが多くありますが、やはりヒトに適しているのはヒトに棲む種類のビフィズス菌と考えられます。

生きたまま大腸に到達する!

一般的にビフィズス菌は酸や酸素に弱いのですが、ビフィズス菌BB536は他のビフィズス菌に比べて、酸や酸素に強く、製品の中での生菌数が高く、生きたまま大腸に到達することができる菌です。

長年の研究と製品応用に裏づけられた安全性!

森永乳業では1969年にビフィズス菌BB536を発見し、すでに30年以上ビフィズス菌の研究および製品への応用を続けてまいりました。この長年の研究データの蓄積により、その安全性が裏付けられています。また、2007年には米国においてGRAS(Generally Recognized As Safe、「一般的に安全と認められたもの」)として認められました。

日本でしか使われていないの?