誰にでも起こりうる 腸内劣化って?

腸内劣化とは?

わたしたちの腸の中には、数100種類、100兆個以上の細菌が棲んでいると言われています。人の身体に良い影響を及ぼす善玉菌や、腐敗産物などを作り出す悪玉菌、まだ生理機能がよく分かっていない菌が常にせめぎあってバランスをとった状態を保っています。そのバランスがくずれた状態が『腸内劣化』です。肌荒れ便秘などの他にも、近年では腸内細菌はいろいろな疾病に関係していることが次々に明らかにされており、腸内細菌叢のバランスをよい状態に保つことが健康のカギとも考えられています。

誰にでも起こりうる『腸内劣化』、あなたの腸は大丈夫?

『腸内劣化』は年齢や性別に関わらず誰にでも起こりうる可能性があります。腸内細菌のバランスがくずれる『腸内劣化』は、不規則な生活やストレス、脂肪の多い食事などが原因となることもあり、いずれも現代人にとって避けることは難しいところです。

ビフィズス菌BB536で『腸内劣化』に挑む!

『腸内細菌のバランスを整える』とは、つまりビフィズス菌に代表される善玉菌を優勢に保つことが大切です。バランスの取れた食事や規則正しい生活習慣を心がける中で、習慣としてビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を積極的に摂取しましょう。