×

体調を崩しやすい季節に!
親子で食べたいお手軽ホットヨーグルトレシピ3選

一緒に食べる

ヨーグルトとホットメニューの意外な組み合わせ!?

ママもお子さまも大好きなヨーグルト。ビタミンB群、カルシウムなどの栄養素が含まれており、健康にもいいと言われています。
できれば、毎日食べたいですが、寒い季節には体が冷えてしまうのも気になりますよね。そんな時におすすめなのが、ホットヨーグルト。

しかも今回は、えっこんな組み合わせアリなの?という意外な「ヨーグルト×●●」の組み合わせで作るレシピを3つご紹介いたします。
人肌程度に温めることで、体を冷やすことなくヨーグルトをお楽しみいただけます。
ビヒダスヨーグルトで、ビフィズス菌の活動を促し、おなかの調子を整えて、元気に寒い季節を乗り越えましょう。

❶:W発酵パワー!豚バラ&かぼちゃのヨーグルト豚汁

豚バラ&かぼちゃのヨーグルト豚汁

【材料】 ※1人分
  • ・森永ビヒダスヨーグルト
    (プレーン)
    大さじ1
    ・かぼちゃ 25g
    ・だし汁 1カップ
  • ・豚バラ肉 25g
    ・ニンジン 15g
    ・みそ 大さじ1
    ・万能ねぎ 適宜
【作り方】
  • 熱した鍋に油をひき、5cm幅に切った豚バラ肉を入れ、中火で炒めます。
  • 食べやすい大きさに切ったかぼちゃ、ニンジン、だし汁を加え、具材が柔らかくなるまで煮ます。
  • 火を止め、みそを溶いて加えたら、器に盛りつけ、万能ねぎとビヒダスヨーグルトをのせます。

豚汁にヨーグルト? と意外かもしれませんが、さっぱりしながらもコクがあり、とてもおいしいですよ。ビフィズス菌が生きたまま腸に届く健康メニュー。みそとヨーグルトのW発酵パワーで体調管理しましょう!

❷:スッキリ!ヨーグルト甘酒

ヨーグルト甘酒

【材料】 ※1人分
  • ・森永ビヒダスヨーグルト
    (プレーン脂肪ゼロ)
    60g
    ・砂糖 大さじ2
  • ・甘酒
    (濃縮・無加糖タイプ)
    60g
    ・水 140ml
【作り方】
  • ミキサーにヨーグルト、甘酒、砂糖、水を入れてなめらかになるまで混ぜ合わせます。
  • 最後に電子レンジでひと肌程度にほんのり温めていただければ完成です。

豊富な栄養を含むことから「飲む点滴」とも言われている甘酒。ヨーグルトと合わせることによりすっきり飲みやすくなります。ビヒダスヨーグルトには生きたビフィズス菌が含まれるので、人肌程度に温めるのがおすすめです。

❸:ビタミンCたっぷり!ゆず茶ヨーグルト

ゆず茶ヨーグルト

【材料】 ※1人分
  • ・森永ビヒダスヨーグルト
    (プレーン)
    60g
    ・ゆず茶(ゆずジャム) 大さじ2
  • ・水 120ml
【作り方】
  • ヨーグルトにゆず茶、水を加え、よく混ぜ合わせます。
  • 最後に電子レンジでひと肌程度に温めていただければ完成です。

最後は少しスタンダードではありますが、ゆず茶ヨーグルト!ゆずにはビタミンCが多く含まれていて、体調を崩しやすい季節にも嬉しい効果が期待できます。

以上、3点、簡単ホットヨーグルトレシピをご紹介させていただきました。
いかがでしたか?

最後にワンポイントアドバイスです。
ヨーグルトを温める場合は、あまり高温になりすぎるとビフィズス菌が死滅してしまうため、人肌程度(40℃)に温めるのがおすすめです!!

また、熱いものを飲んだり食べたりした後にヨーグルトを食べてもビフィズス菌は死にません。飲んだり食べたりできる程度の温度であればご心配いりません。

  • 死菌であっても、ビフィズス菌自体の成分によりカラダによい効果はある程度期待できます。
  • ※ただし、ヨーグルトで菌を摂取する場合、冷蔵保存したものをお早目にお召しあがりいただくことが最も効率的です。