大腸環境の乱れは3人に1人以上!?全国一斉「大腸環境」実態調査」

このたび森永乳業は6年ぶりに、みなと芝クリニック川本徹先生監修の元、全国47都道府県の20~50代の男女11,656人を対象に「大腸環境」実態調査を行いました※1。半世紀以上にわたりビフィズス菌の研究に取り組んできた森永乳業が、大腸の健康に関する日本国民の意識と実態を明らかにします。

3人に1人以上の日本国民は、「大腸環境」が乱れている!

大腸(腸内・おなか)の健康状態に不調はありますか? ある+どちらかといえばある 計37.3% 詳細は下記

大腸は全身の健康に重要な働きを持つ臓器ですが、実際に大腸に不調を抱えている人はどれだけいるのでしょうか。『大腸(腸内・おなか)の健康状態に不調はありますか?』という質問に対して、37.3%の日本国民が「大腸(腸内・おなか)」の不調が、「ある」または「どちらかと言えばある」と回答しました。

「大腸環境」の乱れを最も感じる具体的な不調は、「便秘」

大腸(腸内・おなか)の健康状態に不調はありますか? 便秘 女性58.7% 軟便・下痢 男性 44.4% 詳細は下記

また、「大腸(腸内・おなか)」の不調が「ある」と答えた方に、『大腸(腸内・おなか)の健康状態で具体的な不調はどんなことですか?』と聞いてみると、約半数の人(46.3%)が、「大腸環境」の乱れを最も感じているのは「便秘」であることが明らかとなりました。

「大腸環境」の乱れと全身の健康

それでは実際に「大腸環境」の乱れと一緒に、どのような不調を感じているのでしょうか。『大腸(腸内・おなか)の健康状態が不調なときに他に不調を感じるところはありますか?』と聞いたところ、「肌の調子が悪くなる/荒れる(17.7%)」が最も多い結果となりました。

棒グラフ:詳細は下記

特に、女性では、25.8%が「肌の調子が悪くなる/荒れる」と回答しており、4人に1人もの女性が「大腸環境」の乱れにより、「肌の不調」を感じていることがわかりました。次点として「全身が不調になる(14.1%)」が挙がっており、「大腸環境」の乱れによって全身の不調を感じる人も多いようです。

便秘気味の方のお悩みを少しでも解決できるよう、便通改善プロジェクトでは毎日の生活に取り入れることのできる知識やお悩み解決に役立つ情報をお届けします。

1
<調査概要>

■調査主体 
森永乳業株式会社
■調査方法 
インターネットによるアンケート調査
■調査期間 
2020年8月22日(土)~28日(金)
■調査回答者
全国47都道府県の20歳~59歳の男性5,828名、20歳~59歳の女性5,828名 計11,656名